昭和シェル石油のプレミアムガソリン「Shell V-Power」は、エンジン内部の汚れを落とし、汚れを着きにくくする高機能ガソリンとして満を持してデビューした。「ガソリンエンジンはエンジンの中でガソリンを燃焼してパワーを出しますので、燃え方によってはススなど汚れがつきやすいのです。特にレギュラーガソリンを使い続けると、このような燃え残りやスス、オイルの汚れなど様々な汚れが蓄積されていきます。こういった汚れが愛車の加速性能や燃費性能、エンジンの始動性にも影響を与えてしまうのです」と語るのは昭和シェル石油 研究開発部の岡部伸宏さんだ。

「ガソリンもハイブリッド車やダウンサイジング直噴ターボエンジンなど日々進化する最新技術を採用したエンジンに対応させていかなければなりません。そういったエンジンに対してもきちんと高い性能が発揮できるようにしたのがこのプレミアムガソリンです。レギュラー車にハイオクを入れるの?と思われるかも知れませんが、レギュラー車のユーザーにこそ使ってもらいたいのが“Shell V-Power”です。特に長距離&長時間を走る高速道路でのドライブでご使用いただければ、走りながらエンジン内部の洗浄もできるのです」。

最新のエンジン技術はF1を頂点とするモータースポーツでも様々なチャレンジが行われている。シェルは60年におよぶフェラーリチームとのパートナーシップという強みを生かし、極限の技術開発を続けているメーカーだ。そんな環境で開発された”Shell V-Power”は、給油開始直後から性能を発揮し、わずか3回ほどの給油でその洗浄効果が表れるという。

「長い間レギュラーガソリンを使われてきた方こそ、ぜひこのガソリンでエンジン内部から愛車をきれいにしてほしいと思います。汚れをしっかり落とすことでクルマ本来の性能を引き出せるようになり、ドライブすることがさらに楽しくなると思いますよ」。”Shell V-Power”は定評のあるシェルのハイオクガソリンのエンジン洗浄性能をさらに磨き、新たに保護性能も向上した、全てのガソリン車が持つ本来の性能を引き出す高機能燃料なのだ。

text=KURUMAG.