トレーニング時間が限られているシーズン中に体をレースに適応させ続けることはオフシーズンよりとても難しいことなんだ。だから忙しいシーズンに適応させるためにオフシーズンのとても早い段階から準備を進めているんだ。

僕はオフシーズンにいくつかの筋肉をつけることに重点を置いている。それはバランス感覚をつけるための筋肉と心臓を強くすためのもの。例えばスウェーデンでのクロスカントリースキーは僕のお気に入りのトレーニングひとつと言えるだろうね。体全体を使うスポーツなので、とてもチャレンジングなものなんだ。

シーズンが始まると、私は自転車とランニングに加え、基本的なフィットネス・ワークアウトに集中することになる。自転車に乗るのはとても楽しく、大好きなのだけど、僕らは常に旅をしているからいつも自転車を抱えていくことができないんだ。だから自転車に乗れない時はランニングに集中するという感じかな。ランニングを自転車のように楽しんでいるとは決して言えないけれど、ランニングはシューズさえあればでこでもできるからね。走れない理由を見つけけることは難しいよね。ただレースの週末は通常よりトレーニングはスローダウンすることになるんだ。そのぶん多くのエナジーをレースで発揮させるためにね。僕と僕のスポッターを務めるマティアスはレース前に毎朝走っているんだ。軽いマラソンだけど、体を目覚めさせ、最高の1日をスタートさせる最善の方法と言えるだろうね。

そしてもうひとつ、シーズン中に続けているトレーシングがあるんだ。それがタバタ・トレーニングだよ。タバタ・トレーシングはハードなショートトレーニングで、これはどこにいても、体ひとつでできるので僕たちのように常に旅をし続けているドライバーにとって完璧なトレーニングのひとつだと思うんだ。20秒のトレーニングと10秒の休憩、それを8〜10回繰り返す。プッシュ・アップ、シット・アップ、マウンテンクライマー、バフィーは、これらは僕がやっていることのいくつかだけど、タバタ・トレーニングは本当にオススメだよ。毎日たった4〜5分のトレーニングだからね、時間がないなんて言い訳はできないよ!

僕はアトランティックシティでスタートした今シーズンの後半戦にとても興奮しているんだ。バーモント・スポーツカーの進歩は本当に素晴らしく、大きな飛躍を果たしてきている。残りのシーズンもこのまま進化し続けることができると確信しているよ。今シーズン、僕が表彰台に上がることは100%確実だよ。(注;シアトル戦でパトリックは表彰台登壇を果たした)。チームは毎日大変な努力をしているからね、彼らを決して失望させたくない。だから素晴らしいレースができるように常に体を鍛え続けることは、バーモントスポーツカーのクルーが#18と#55のスバルを一所懸命に改良するために働いている間に、僕らドライバーにできる唯一のことなんだ。

[Profile]

1982年生まれ(35歳)。スウェーデン出身。2005年のスウェーデン・ラリー王者で、2006年にルノーでFIA ジュニアWRC(JWRC)タイトルを獲得、その後ステップアップを果たしたWRCではシュコダ、ミニを駆り活躍してきたドライバー。Red Bull グローバル・ラリークロス(GRC)には2013年から参戦しており、これまでに3度の優勝と12回の表彰台登壇を果たしています。2017年シーズンよりスバル・ラリーチームUSAに加入。WRX STIラリークロスでシーズンを戦っている。

Red Bull グローバル・ラリークロス(GRC):http://redbullglobalrallycross.com/

[Sandell’s Blog]

Staying fit during race season is definitely more difficult then during off season. That’s way I start my preparation very early during off season to stay fit during race season since training time is more limited.

During off season, I’m trying to put on some muscles and I try improving my balance and cardio. Cross-country skiing up the snow sloops in Sweden is one of the favorite things to do. You really have to work your whole entire body and it’s really challenging!

When race season starts, I shift my focus more to biking, running and basic fitness workouts. I prefer biking and I’m trying to do that as mush as I can but it’s not easy as we are always traveling and I can’t take my bicycle everywhere so I started running more lately. I can’t say I enjoy running as mush as biking but it’s really easy to do it anywhere and the only things I have to travel with are my running shoes so I have no excuse not to run everyday! During race weekend, I normally slow down with training so I can feel that I’m full of energy and I can be ready to race at the track. But me and my spotter, Mattias are usually out running every morning before race, not too long, not too hard but just to wake up our bodies and have us get going with day in the very best way.

My two tips to stay fit during race season would be to run as easy as you can and try Tabata training. Tabata training is an intense short training. Since you can do it with your own body as wight and you can do this where ever you are, it’s perfect for travelers like me. For example, you can do 20 second workout, rest 10 seconds and you continue the set 8 to10 times. Pushups, situps, mountain climbing, burpees are some of the things I use to do but I highly recommend Tabata training now. You have no excuse not to have 4-5 min of training everyday!

I am super excited for the second half of this season which I started well in Atlantic City! The progress my team at Vermont SportsCar has been making during the first half of the season is really amazing and it’s a big jump. I feel we can keep going in this direction for the remaining season. I’m 100% sure you will see us on the podium again before the season ends in LA. The team is working so hard everyday and I never want to let them down.. That’s why I’m keeping my physical level higher as that is one of the things I can improve in-between races when the boys at workshop in Vermont are working on improving the #18 and #55 Subarus.

Patrik text=KURUMAG.
photo=Red Bull, Lars Gange, Ben Haulenbeek, subaru.com/rally 2017