ホンダの開発拠点のひとつであるホンダ・プルービング・センター(HPC)がリニューアルオープンした。カリフォルニア東部に位置するモハべ砂漠にあるこのテスト施設では、ホンダおよびアキュラのブランドからリリースされる二輪、四輪、サイドバイサイド、ATVの開発が行われている。

リニューアルした施設には時速200マイル(約321km/h)以上での走行が可能な7.5マイル(約12km)のオーバルコース、起伏に富んだ28のコーナーを持つ4.5マイル(約7.5km)のワインディングロードが用意されている。また広大なオフロードコースもあり、アメリカでデザイン・開発、そして販売が行われているオフロードバイクやSUV、ATVやサイド・バイ・サイドなどのテストもこの施設で行われる。

「ホンダのプルービング・グラウンドはホンダ製品の性能向上においてとても重要な役割を担っています。今回のリニューアルによって継続的に製品の開発を進めていきます」と語るのはアメリカン・ホンダのジェフ・コンラッド。北米ではカリフォルニアにあるこのホンダ・プルービング・センター(HPC)と、オハイオ州イーストリバティにるトランスポーテーション・リサーチセンターの2箇所で製品テストを行なっていくことになる。

■Honda Proving Center Returns to Operation

本田技研工業:http://www.honda.co.jp/
American Honda Motor:http://www.honda.com/

text=KURUMAG.
photo=Honda