2017年シーズンのRed Bullグローバルラリークロス(GRC)が4月29日に開幕する。今シーズンはテネシー州のメンフィス・インターナショナルスピードウェイでの第1戦を皮切りに、カリフォルニア州ロサンゼルスの最終戦まで全12戦が開催される。このうちケンタッキー州ルイスビルのケンタッキー・エクスポジッション・センターとカナダ・オタワのカナダ航空宇宙博物館で行われる各イベントは同シリーズ初開催の会場となる。

Round 1: Memphis, TN (4月29日)
Round 2: Louisville, KY (5月21日)
Round 3: Thompson, CT (6月3日)
Round 4: Thompson, CT (6月4日)
Round 5: Ottawa, Canada (6月17日)
Round 6: Ottawa, Canada (6月18日)
Round 7: Indianapolis, IN (7月9日)
Round 8: Atlantic City, NJ (8月12日)
Round 9: Atlantic City, NJ (8月13日)
Round 10: Seattle, WA (9月9日)
Round 11: Seattle, WA (9月10日)
Round 12: Los Angeles, CA (10月14日)

2017年よりRed Bullグローバルラリークロスのレースフォーマットは一部見直され、30分間の予選後、5ラップで行われるヒートレースが3回行われることになった(昨年はヒートレース2回)。その後、6ラップで行われるセミファイナル、4ラップで行われるLCQ(ラストチャンスクオリファイ)が行われた後、上位10台による10ラップの決勝が行われる。年間タイトルを争うシリーズポイントは、ヒート2、ヒート3、そしてセミファイナル、さらに決勝それぞれの上位者が獲得できるためヒートレースから白熱したバトルが繰り広げられることになる。

参戦するマシンは2年連続で年間タイトルを獲得しているフォルクスワーゲン・ビートル(スコット・スピード、タナー・ファウスト)、今シーズンより3台体制でタイトル奪取を狙うホンダ・シビック(セバスチャン・エリクソン、オリバー・エリクソン、ミッシェル・デジョン)、そして元WRCドライバーのクリス・アトキンソンとフォードから移籍したパトリック・サンデルという布陣でシーズンに挑むスバルWRX、さらにフォード・フィエスタという顔ぶれとなり、4メーカー4種のモンスターマシンがしのぎを削る。

今シーズン、KURUMAG.はスバルラリーチームUSAのメディアサポーターとしてRed Bullグローバルラリークロス全戦をフォロー。レース結果だけでなく、ドライバーやクルーへのインタビューなどを掲載していく予定だ。

text=KURUMAG.
photo=Red Bull, Lars Gange, Ben Haulenbeek, subaru.com/rally 2017