“名車”と呼ばれるようなクルマたちは気軽に購入できるものではない。なかにはその希少価値ゆえ驚くほどのプライスで取引されるものも少なくない。それでも憧れのクルマを手に入れたいという人達が、いま”名車”専門のカーオークションに集まっている。

アメリカで開催されている「バレット・ジャクソン・コレクターカー・オークション」は、全米のみならず世界中から注目を集める世界最大規模の名車専門オークションだ。1971年にスタートしたこのオークションは、年々規模を拡大し、現在ではアリゾナ州スコッツデール、フロリダ州パームビーチ、ネバダ州ラスベガスなど各地で開催され、その模様は全米ネットワーク局によって生中継されている。

2015年9月にラスベガスのカジノリゾートホテル、マンダレイベイで行われたオークションには700台ものコレクターカーと339点ものオートモビリアピース(ロードサインやネオン、ペダルカーなど)が出品された。このオークションは3日間の開催となったが、オークションの落札総額は実に39億2940万円(1ドル118円で計算)と過去最高額を記録。’71年式プリモスHEMIキューバが4543万円、’06年のフォードGTが3439.7万円など、驚くほどの金額で落札されたモデルもあった。またオークションには単なる歴史的名車だけでなく、著名人が所有していたものも数多く出品され、この日はエルビス・プレスリーが所有した’69年式キャデラック・クーペ・デ・ビルなども出品され注目を集めた。

オークションは出品番号順に1台ずつメインステージへと運ばれスタートする。ビッダー同士の競り合いが始まると会場全体がその行方を見守る。そして憧れのクルマを落札すると会場からは拍手がわき起こる。その様子は見ているだけでも楽しいが、それと同時に参加してみたくなる。名車を手に入れる方法はいろいろあるが、こんなコレクターカーのオークションに注目してみるのも面白い。2018年は6月20日〜23日にコネチカット州アンキャスビルで、9月27日〜29日にネバダ州ラスベガスでそれぞれバレット・ジャクソン・コレクターカー・オークションが開催される予定だ。

Barrett-Jackson Collector Car Auction:http://www.barrett-jackson.com

※この記事はKURUMAG.6号(2015年12月発行)に掲載されたものを再編集したものです

text/photo=KURUMAG.