細部に至る徹底的なこだわり
京商らしさを具現化した一台

京商から1/12スケールのランボルギーニ・ウォルターウルフ・カウンタックが登場した。世界に一台しかない貴重なクルマを徹底的に取材し、全長わずか40cmの世界で充実に再現。特徴的なドアやライトはもちろん、ボンネットやとランクも開閉でき、車内を覗き込めばメーターから各ボタンの文字盤、シートベルトからフロアマットの質感まで徹底的に作り込まれている。

わずか数ミリの大きさしかないシフトレバーまで可動するのだから、おもわず感嘆の声があがってしまう。もちろん足回りやエンジンなども実車さながらの精密さ。実際にこのランボルギーニを分解してみると、そのこだわりはすぐにわかる。たった1台のダイキャストにこれだけの部品が組み込まれているのだ。スーパーカー世代でなくても、時間を忘れて眺めていられるだろう。

ダイキャストづくりで世界的に認められている京商は、長く楽しめるという点にもかなりこだわっている。色あせせず、深い色味が楽しめるようにとボディは実車さながらの4度塗りを行い、ずっしりとした重厚感を出すためにボディの鋳造行程から徹底的にこだわっているという。決して安い買い物ではないが、手にしたその日から一生ものの宝物になるのは間違いない。

Kyosho-Lambo

text & photo=KURUMAG.

※KURUMAG.3号(2014年3月16日発行)に掲載