シリーズ第1作目の公開(2001年)以来、世界中を熱狂させ続ける「ワイルド・スピード」シリーズの最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK(原題:The Fate of the Furious)」が4月28日より公開される。

シリーズの顔となったドミニク役のヴィン・ディーゼルはじめ、ホブス役のドウェイン・ジョンソン、ドミニクの恋人レティを演じるミシェル・ロドリゲスらファミリーが再集結。またファミリー最大の敵となるデッカード・ショウ役を演じたジェイソン・ステイサムも続投、今作ではファミリーの運命のカギを握る人物となるという。また『マッド・マックス/怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンとベテラン女優ヘレン・ミレンの2大アカデミー賞女優の参加もすでに大きな話題となっている。

また今回新たに監督を務めたのは『交渉人』等のサスペンスアクションで注目を集め、アカデミー賞にノミネートされた『ストレイト・アウタ・コンプトン』ではドラマ作りでもその手腕を発揮したF・ゲイリー・グレイ。また3作目以降すべての脚本を手がけ“ワイスピの世界を誰よりも理解している”とキャストからの信頼も厚いクリス・モーガンの続投もファンには嬉しいニュース。

世界最高峰の俳優・女優陣そして製作陣とともにこのカーアクションムービーを盛り上げるのは素晴らしいクルマたちであることは言うまでもない。1970年式ダッジ・チャージャー、1972年式プリモスGTX、1961年式シェビー・インパラ、1956年式フォード・フェアレーンなどカーカルチャー史にその名を刻む名車たちが次々に登場。さらに今作にはワイドボディキットを纏ったスバルWRX STIやBRZの姿も見ることができる。

最新作は2021年に公開予定のシリーズ通算10作目にして完結編へと続く最終三部作の第一弾。これまでの“ワイスピ”ファンはもちろん、これからのファンも決して見逃すことのできない重要な作品になることは間違いない。

ワイルド・スピード ICE BREAK オフィシャルサイト: http://wildspeed-official.jp/

text=KURUMAG.
photo=Universal Pictures